女性が探偵になる時。

「女性が探偵になる時」と聞いて2つのパターンが浮かびます。

1.夫の浮気の気配に気づいた妻が、探偵の様に浮気の証拠を集める時。

2.探偵の求人を見つけ、どうしても探偵になりたいと探偵事務所の門をたたく時。

1.はありがちです。浮気の気配を感じても感じてなくても、夫のスマホやケータイの中を覗いてみたい、もしくは既に覗いてしまっている人は、このパターンに当てはまる要素があります。
「夫の行動がおかしい。」なんて感じると、メモは取らなくとも自身の中でデータを取り始めるはずです。「○曜日と△曜日の行動はおかしい。」「車で出かけたから、ナビの履歴をチェックしてみよう。」女性はもともと探偵になるために必要な要素を持ち合わせているのかもしれません。

夫の常日頃の行動パターンを感覚で覚えていて、わずかな相違点も見逃さず、地道の証拠を収集して詰めていく、そんな時女性が探偵になっている時なのです。

2.は少し特殊かもしれません。
探偵小説や探偵ドラマ、映画に憧れて探偵になりたいと思う男性は少なくありません。 対して女性の探偵の存在は現実的に少なく、男性ほど探偵という職業に魅力を感じる人は少ないようです。
しかし、まったく興味がないわけではありません。転職情報やアルバイト情報を見ていて、突然探偵求人のページが目に飛び込んできたらどうでしょう?しかも、通える距離に探偵事務所があると知ってしまったら?

探偵の調査を利用したことがあり、調査を依頼したことで自身の役立った・助かった記憶があれば「探偵になろう。」と考える人が出てきてもおかしくありません。また、珍しい職業に興味がある人も、探偵求人に応募してみようと考える人もいます。