面接での志望動機

仕事の面接に行くと、必ず志望動機を聞かれると思います。
「あなたの志望動機を教えてください」、「何故、他にも同業者がいるなかで弊社に応募されたのですか?」、「自分で開業しようとは考えなかったのですか?」などなど、志望動機に関する質問から圧迫面接めいた質問に変わっていくこともあり、面接を受ける側からすると、この志望動機というのはかなり返答に困る問題でもあると思います。

その仕事に対して、絶対にこの仕事をやりたい、昔からの夢だったという人は、将来設計もできた会社への志望動機を用意していることもありますが、漠然と「ただあこがれたから」といった理由を、志望動機として面接官に答えるのも気が引けます。

探偵へ就職する場合でも、この志望動機を聞かれることになりますが、探偵という特集な職業柄、何か特別な志望動機がなくてはならないのでは?と考えた人もいるでしょう。

そんなことはありません。
探偵へ就職する場合の志望動機も、他の仕事へ就職する場合の志望動機もそこまで違いはありません。

「小説に登場する名探偵にあこがれました」
「誰か人の役に立ちたい仕事をしたいと思ったので」
といった志望動機から、
「浮気をされて許せなかったので、自分で浮気の証拠を見つけるため」
と少し特殊な志望動機を持って、探偵へ就職する人もいます。

どのような志望動機があるのか、それは実際に面接をする就活者の数だけあるので、一概に全ての志望動機が似ているとはいいきれないわけです。

そして、志望動機を探偵に答える場合は、その後のビジョンもしっかり持っておくと、探偵としても安心して雇うことができると思います。